スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご加護はない・・・

今日バイト中に起こった顛末を語ろう。



きっかけはお客様が作業中の僕に訊ねてきたことから始まる。

この時僕は、レジ前の棚の商品の変更・補充をしていた。
そしてこの棚の上には煙草の入った鍵付きのケースがあり、
レジの人が鍵を持っている。

そしてお客様が、
「カゴいいですか?」と訊ねてきた。

ところが僕は、集中してる際に話しかけられたため、
「タバコいいですか?」に聞き間違えてしまった。

この時、お客様はレジの中のカゴに手をかけていたが、
僕は、客がカゴを取るのは普通の事だと認識してしまう。

そして僕は、
「(煙草のケースのカギはレジの人が持っているから開けれないから、)
レジの方に言ってもらえますか(やや曖昧)?」と答えてしまう。

これに対して、お客様がややまごつきており、僕はやや不自然に感じるが、
同じ答えをもう何度か言う。

これに対して、お客様は、
「店の人じゃないの?(やや強めだったかな)」と言いながらレジの方に向かっていった。

僕は、レジの人を呼んでくるべきだったと、自分の接客態度が悪かったと考える。


そして、自分のやっていた作業に戻りながら、お客様が向かった方を見ると、
主任がさっきのお客様にクレームを言われていた。

僕は、「ああ、接客態度が悪かったことを怒られるな」っと覚悟を決める。


そしてしばらくして、主任とお客さんが来る。
ここで主任に言われ、僕は聴き間違えに気づく。

僕は、聴き間違えてしまったと、申し訳なかったと謝る・・・が、

お客は、「言い訳するな!!」っとさらに怒ってしまう。

そして、店長を呼べと言いだす。
主任が事務室にいると言いPHSを取り出す。お客はまたレジの方へいく。

ここで僕は解放される。

だが、正直ここからの方がひどかったらしい。
聴いた話によると、時系列が合っているかわからんが、

僕が解放荒れた後、レジの人に、
「店長は事務室にいるらしいから呼んでこい」と言ったらしい。

だが、来たのは課長。課長がまた店長を呼びに行く。

その間に、お客はピンクのカゴを買い、床にたたきつけていたらしい。

当然周りのお客様は唖然。

で、店長が来るまでにかなり時間がかかってしまい、お客はさらに怒り心頭だったらしい。

どういう風に片がついたかは知らないが、そのお客が帰った後、

僕は応接室に呼ばれる。


当然いたのは、店長・課長・主任。

が僕は、どうせアルバイトだし、重くても辞めさせられるだけだしって考え、

就活の面接受ける感じで入っていきました。

でまず店長に、お客に何って聞かれたか聞かれ、
後は他の3人が話していて、その間にちょいちょいなんか聞かれ、
最後にちょっと注意を受け終わった。

正直、就活の面接よりは緊張しなかった。

そいや、主任は今回の事を文章にまとめるよう言われていた。
かなり大事になって、かなりびっくりっていうか、あっけにとられるというか・・・。


正直ここまでの事になることじゃないと思うんだ。
僕がことの発端だから、何とも言えない気分だが、
店長が来るのがおそかったのも多少影響したわけだし、
お客も怒りすぎということもあると思うわけだ。


まぁ、終わったことだし、
アルバイトの僕はお気楽に構えてることにするよ。
スポンサーサイト

地デジか・・・

地デジ化したのに、

就活決まってない現状・・・



ヤベェーーーーーーッ!!





早く決めたい・・・

ぼけぇっと・・・

ぼけぇっとしてる。



課題やろうと考えてたのに、

ぼけぇっとしてる今現在。



ぼけぇっとしてると変に考えだしてくるから嫌になってくる。


でもぼけぇっとしてる。




とりあえず課題やろう。




・・・(*゜ρ゜)

やばす・・・

GW挟んだことと、

選考の結果待ちだったとこが全部おちたため、


ここ数週間大した就活をしとらんことに!!



これはやばすやばす・・・(;´Д`A ```


ていう状況です、はい。


オワリ

あばばば

明日面接だから落ち着かないいいいいいい。


面接はどうやったら慣れるだろうか・・・。



面接の答えを考えていても、

これでいいか不安になるだけだし、

実際緊張で頭真っ白になるし。


ほとんどその場で考えるしかないわけよ。

しどろもどろで、どんどんだめになるんだよな・・・。




もうさっさと内定貰って、

就活終えたいです、ホント・・・。
ブログランキング
カウンター
アルカナ
月別アーカイブ
カテゴリー
おまけ
ひまでもつぶしてください     (*゜▽゜)ノ

©PETAPPA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。